ペットは癒しの存在

その魅力をご存知の方には今更語るまでもなく、住宅事情など何らかの障害がネックとなり飼育が叶わぬ生活環境の中、それでも憧れを抱き続けておられる方々にとっては「夢」そのもの、それがペットとの共同生活です。
仕事から疲れ果てて帰宅からドアを開けた瞬間、部屋の奥から真っ先に飛び出して出迎えてくれる愛犬に、思わず涙腺が緩んでしまうl事は決して珍しくありません。
あるいは甘えん坊かと思わばマイペース極まりない猫、玄関先の水槽で美しく優雅な中に可愛らしさやコミカルな動作までも届けてくれる熱帯魚、元気な鳴き声で応援してくれる小鳥達など、ペットの種類は挙げればキリがありません。

そんな私達にとって癒しの存在のペットですが、当然飼い主としての責任を果たさずして、ペット達との良好な共同生活を維持する事は出来ません。
愛犬であれば子犬すなわち我が家にやって来た直後からの初期段階の躾の徹底が最重要課題です。
間違った愛情の解釈から甘やかしてしまい、四六時中誰にでも吠えまくるなど、ご近所迷惑な存在となってしまっては、ペットも可哀想ですし、飼い主である皆さんご自身の人としての力量にも疑問符が届いてしまいます。

そして忘れてはならないのが、ペットの生命を預かる存在、それが飼い主である事をキチンと認識する姿勢です。
ハムスターや小鳥などの小動物は、餌や水を1度与え忘れれば、即生命の危険に繋がります。
熱帯魚や金魚であれば、水槽の水の状態に細心の注意を払わねばならず、ペットは購入して連れて帰って来るだけの生命体ではありません。
ペットはご主人を選べないからこそ、最高のご主人でいてあげてください。



▽関連情報
人気のトイプードルの魅力や特徴、育て方について紹介している犬のハンドブックです ・・・ トイプードル